スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震昇-28

概要
震昇(しんしょう)-28は航空工業流体力学研究局が開発した武装直昇機(他国で言う攻撃ヘリコプター)である。

性能

震昇-28
     
分類・・・武装直昇機
最高速度・・・320km
航続距離・・・1,100km
乗員・・・2名
武装・・・30mm機関砲(弾数250発)×1(固定武装)
     最大兵器搭載量2,300kgまで、ハードポイント6ヶ所
     IRH型AAM×2、SACLOS型ATM×8や爆弾、無誘導ロケット弾など


開発経緯


通尊人民軍は縦深攻撃ドクトリンを採用していた。
そのドクトリンに基づき、戦時の際は圧倒的な量の火砲と航空戦力によって全縦深を同時に制圧したのち、
機械化された地上戦力によって敵の防衛線に大きな風穴を開け、
そこから波状攻撃を行い、最終的には敵主力部隊を包囲・殲滅するものとされていた。
そのため、人民軍では地上戦力の支援を行う兵器として近接航空支援用の攻撃機である
震撃-25を装備していた。しかし、固定翼の攻撃機では地形に沿って超低空侵入を行ったり、
その場に留まって支援を行うことは難しいと考えられた。
そこで、人民軍陸軍は武装直昇機の開発を航空工業流体力学研究局に依頼した。
こうして完成したのが震昇-28である。


仕様


震昇-28は通尊で一から設計された武装直昇機ではあるものの、設計ノウハウがまったくなかったため、
そのデザインは他国軍が使用している同種兵器のものを参考にして設計されている。

震昇-28 全体
震昇-28を横から撮影した写真 他国軍の同種兵器と似たようなデザインであることがわかる。

搭乗員は胴体前部のタンデム式に配置され、他国軍の武装直昇機同様に前方が航法兼攻撃手、後方が操縦士の操縦席となっている。もちろん操縦席は装甲化されており、歩兵火器程度の攻撃ではビクともしない防御力を持つという。

エンジンの配置も他国軍で使用されている同種兵器のものを参考にしており、
胴体を挟む形でエンジンを搭載している。これは防御力を高めるための試みであり、
片方のエンジンがダメージを受けても飛行を行うことが可能だという。

機首の下には照準システムや撮影機材などが装備されており、
メインローター上にはミリ波レーダーを搭載している。
このレーダーは先進国の技術者を拉致して作り上げられた最新型のもので、
全天候および夜間戦闘能力の付与に成功している。
もちろん通常の目標の補足や照準といった点においても非常に高性能であり、対空・対地目標の探知はもちろん、
目標の位置評定、移動速度、移動方向といった高度な分析を行うことができる。
また、機首下に装備された照準システムは震撃-25SMに搭載されたものの発展型にあたり、
高性能誘導兵器の運用などが可能となっている。震昇-28はレーダーと照準システムを併用することで、
非常に正確かつ有効な攻撃を行うことが可能となっている。

震昇-28 ミリ波レーダー
メインローター上に搭載されたミリ波レーダーを撮影した写真
高性能だがメンテナンスが面倒なため整備兵からの評判は良くない。

震昇-28 照準システム
機首を撮影した写真 
機首下の照準システムは機関砲の動きに合わせて稼動し、正確な攻撃を行うことができる。

武装に関しては固定武装として30mm機関砲を装備している。
この機関砲は様々な砲弾を砲手が任意のタイミングで切り替えることが可能な設計となっていることが特徴で、
連射速度も高速モード(毎分700発程度)と低速モード(毎分250発程度)の2種を砲手が切り替えることができる。

この他に、多連装ロケット弾ポッドや爆弾、SACLOS型ATMの車砕矢
そして自衛用のIRH型AAMとしてHQ-934守獲守-2Mを装備することが可能となっている。
震昇-28は多くの場合、多連装ロケット弾ポッドを2基、車砕矢ATMを8基、HQ-934 巣獲守-2Mを2基装備して作戦行動を行う。

震昇-28 搭載武装
武装を搭載したスタブウィングを撮影した写真
左から多連装ロケット弾ポッド、車砕矢ATM、巣獲守AAMとなっている。

特徴


特徴は拉致技術者の協力により設計された高性能電子機器に裏付けされた高い攻撃能力と、
他国軍の同種兵器を模倣した信頼性の高い機体デザインによる信頼性の高さである。
このため能力は非常に高く、前線の将兵たちからの信頼は厚い。
だが、他国軍の同種兵器と同じく本格的な防空陣地の前では無力という弱点も持つ。


開発方法が模倣とデッドコピーを基本とした通尊らしい外道を往く手段だったため、
外国の軍事サイトでは"パチモン"や"違法兵器"としてボロクソに叩かれている。


運用


人民軍陸軍の主力武装直昇機として武装直昇機航空団に多数が配備されている。
演習などでは、戦車部隊や自動車化狙撃兵部隊の上空を高速で駆け抜ける姿がよく目にされ、
実戦では強力な攻撃能力を用いて仮想敵の戦車部隊を蹂躙することが期待されている。

震昇-28 飛行
飛行中の震昇-28を撮影した写真
その特性から"宙を舞う戦車猟兵"と呼ばれ将兵たちからは頼りにされている。




あとがき
突発的な衝動に駆られて作った攻撃ヘリです。
元ネタはMi-28Nで、東側版AH-64Dといったところですかね?
volさんのヴァイゼ攻撃ヘリなどを参考にして設計しただけは
あってそこそこのできにはなったためかなり気に入ってます。
スポンサーサイト

通尊で使用されている航空機搭載用兵装

概要
我が国の航空機搭載用兵装はほぼ全て「しずな火器」によって生産されている。
しずな火器製の航空機搭載用兵装の性能は他国のものと比較しても、決して見劣りするものではなく、
猛訓練で鍛え上げられた人民軍空軍搭乗員と合わされば、先進国の空軍に打ち勝つことも可能だという。

しかし、先端技術の面で遅れている通尊が自力で優れた誘導装置を開発できるわけもなく、
誘導装置などの技術は先進国から技術者を拉致し、不正に取得した技術を元に開発されている。

なお、通尊では誘導ミサイルもロケットと表現するが、
ここで紹介されているロケットはAS-240以外は全て誘導装置付きである。


空対空ロケット




AR-13M ドトール
AR-13M.jpg
写真は惨撃-21の翼端パイロンに装備されるAR-13M

分類 短射程空対空ロケット
製造 しずな火器
重量 約90Kg
飛翔速度 マッハ2.5
射程距離 約15km
誘導方式 赤外線誘導

※あくまでも通尊版の性能です 本家とは性能が異なるケースがあります※

概要
AR-13M ドトールはAMR製短射程空対空ミサイルのAAM-01を無断でコピーしたものである。
本家と比べて若干の性能低下がみられるが、撃ち放し能力や全方位交戦能力を有しており、性能は高い。
通尊の航空機搭載用ロケットの祖であり、その後に開発された全ての航空機搭載用ロケットに影響を与えている。


AR-73 ベローチェ
AR-73.jpg
写真は惨撃-21の翼端パイロンに装備されるAR-73

分類 短射程空対空ロケット
製造 しずな火器
重量 110Kg
飛翔速度 マッハ2.5
射程距離 約30km
誘導方式 慣性誘導+赤外線画像誘導

特徴
AR-73 ベローチェはAR-13Mドトールの発展、改良型のロケットで、
AR-13Mドトールの能力に加え、オフボアサイト能力を持ち、中心軸から±60度離れた目標をロックオン可能であるほか、慣性航法装置を搭載しているため、限定的な発射後ロックオン(LOAL)も可能であるといわれている。
また、推力変更制御を導入しており、非常に高い機動性を持っているため、搭乗員からの評価は高い。
もちろん、こんな高性能なものを通尊単独で開発できるわけがなく、同種の先進国の兵器をコピーしたのではないのかともっぱらの噂である。


AR-27 スタバ
AR-27TAR-27R.jpg
写真は惨撃-23の翼パイロンに装備されるAR-27
右がIRH誘導型のAR-27Tで左がSARH誘導型のAR-27R

分類 中射程空対空ロケット
製造 しずな火器
重量 254Kg
飛翔速度 マッハ4
射程距離 約50km
誘導方式 慣性誘導+IRH誘導orSARH誘導

※あくまでも通尊版の性能です 本家とは性能が異なるケースがあります※

特徴
AR-27 スタバはAMR製中射程空対空ロケットのAAM-02を無断でコピーしたもので、
AR-13Mと同時期に配備されたものとみられる。
AR-27Rは本家そのままに、SARH誘導を採用しているが、通尊独自の発展型であるAR-27Tは
IRH誘導型となっており、どちらも中間誘導は慣性航法装置によって行われる。
通常はAR-27TとAR-27Rを同数搭載することが基本となっており、
実戦では、敵機の回避を困難にし、命中率を上げるためAR-27TとAR-27Rを同時に発射する運用を行う。



空対地ロケット




AH-25 プロント
AH-25 プロント
写真は惨撃-23の翼パイロンに装備されるAH-25

分類 硬目標攻撃用戦術空対地ロケット
製造 しずな火器
重量 530Kg
飛翔速度 マッハ2.4
射程距離 約20km
誘導方式 セミアクティブレーザー誘導など

特徴
AH-25 プロントは人民空軍初の空対地ロケットで、
誘導方式はセミアクティブレーザー誘導以外にも様々なタイプがある。
機動性は低いが威力は非常に大きいため建造物など地上の硬目標の攻撃に使われる。


AT-4 誘導式火矢筒 車獄槍
AT-4 車獄槍
写真は震撃-25の翼内パイロンに装備されるAT-4

分類 空中発射型対戦車ロケット
製造 しずな火器
重量 100Kg
飛翔速度 マッハ1.8
射程距離 約9km
誘導方式 アクティブレーザー誘導など

特徴
AT-4 車獄槍(しゃごくそう)は人民軍が装備している
対戦車ミサイルの中でも極めて大型なロケットで、
大型すぎて航空機などにしか装備できない代わりに圧倒的な威力を持つ。
タンデム配列HEATを採用しており、あらゆる3世代MBTが破壊することができるという。
ちなみに車獄槍は「車両を地獄に誘う槍」の略で、通尊人特有の残念なネーミングセンスが光っている。



無誘導兵器(爆弾・無誘導ロケットなど)




AB-250
AB-250.jpg
写真は惨撃-21の翼内パイロンに専用の2連装レールを使用し装備されるAB-250

特徴
AB-250は特徴がないのが特徴な無誘導方式の250kg爆弾で、
人民空軍の標準的な対地攻撃兵装の一つである。
専用の2連装レールなどを用いて、複数発搭載することが基本的とである


AS-240
AS-240.jpg
写真は惨撃-21の翼内パイロンに装備されるAS-240

分類 無誘導ロケット弾
製造 しずな火器
重量 235Kg
飛翔速度 マッハ1.2
射程距離 約2km

特徴
AS-240は直径240mmの無誘導対地攻撃用ロケット弾である。
高い破壊力をもち、ロケットポッドに格納されず、パイロンにじかに吊るされ運用される。
弾頭は基本的には破片効果榴弾であるが、焼夷弾タイプなども存在する。


※この記事は、加筆・修正することがあります。



あとがき
惨撃-21のリニューアルと惨撃-23の公開に合わせて、
こちらの記事も全面リニューアルを行いました。
AAM-01と02のライセンス生産許可(無断コピー)を
くださったポポさん、ありがとうございました!

惨撃-23

概要
惨撃(さんげき)-23は航空工業流体力学研究局が開発した前線戦闘機である。
国営メディアなどでは大祖国決戦機とも呼ばれる。

性能

惨撃-23
     
分類・・・前線戦闘機
最高速度・・・2,500km
航続距離・・・1,800km
乗員・・・1名
武装・・・25mm機関砲(弾数200発)×1(固定武装)
     最大兵器搭載量2,000kgまで、ハードポイント4ヶ所
     IRH型AAM、SARH型AAM、SALH型AGM×4や誘導爆弾など


開発経緯


惨撃-21の大量配備により、高度な作戦能力を持つようになった通尊人民軍空軍だが、
惨撃-21の性能に満足したわけではなく、新型機を開発することとした。
要求された性能はBVR戦闘能力を持つことや、急造の簡易滑走路でも使用できるような高いSTOL能力を持つことで、それらを達成するために可変翼機構を採用した機体がこの惨撃-23である。


仕様


惨撃-23は単発で側面にエアインテークを配置し、可変翼構造を採用した機体である。
この可変翼は手動で後退角を操作し、後退角度は前進状態(約16°)、後退状態(約45°)、最後退状態(約72°)の3つを選択できる。
主に離着陸時は前進状態が用いられ、戦闘時には後退状態が用いられると言われている。
この可変翼はあくまでも短距離着陸能力を向上させるための機能にすぎず、空中格闘戦能力の向上が主目的ではないが、前縁フラップは自動制御であり、格闘戦性能の向上に一役買っている。

惨撃-23の可変翼比較
可変翼の状態比較の写真
左から前進状態・後退状態・最後退状態となっている。

機体サイズも前任の惨撃-21に比べ大型化しており、その分航続距離も大幅に増加している。
一方で兵器搭載量は僅かに増加しただけにとどまっているが、可変翼機構を採用しているおかげで、
低空低速での機動性も良好であり、地上攻撃能力は前任機よりも高いという。

武装は機体に固定されている25mm機関砲の他、
三世代型のIRH型AAMやSARH型のAAMなどを搭載することができる。
特にSARH型AAMの運用能力を持つことよって、人民軍空軍は待望のBVR戦闘能力を有することに成功し、
ようやく、諸外国の第三世代ジェット戦闘機と互角以上に渡り合うことができるようになったという。

惨撃-23に搭載可能な武装
惨撃-23に搭載できる主な兵器はこの画像の通りで、
SARH型AAMを運用できるようになったこと以外は、基本的に惨撃-21と変わらない

電子機器は、先進国から技術者を拉致し、その技術を使用して作られた強力なものを搭載している。
レーダーは超柴(ちょうし)と呼ばれるものを装備しており、スペックとしては、
最大探知距離85㎞、ルックダウン・シュートダウン能力や、SARH型AAMの運用能力を持つ高性能なものである。また、レーダーの補助の役割を担うものとして探知距離30㎞程のIRST(赤外線捜索追尾システム)も備えている。

その他、特徴的な電子機器としては、地上管制とのデータリンク機能を備えた自動操縦装置がある。
この装置はデータリンクの指示を取り込み、搭乗員が操縦しなくても惨撃-23を攻撃位置に持って行くことができるという。これにより、型にはまったこの戦術に限れば多少練度の低い搭乗員であっても戦果をあげることが可能だという。

特徴


マッハ1前後の加速力の高さや、1に近い戦闘時の推力重量比、
可変翼から生み出される良好な離着陸性能などが本機の特徴となっている。
実戦では地上管制の情報を元に、有利な位置から敵機に対し射程の長いSARH型AAMを発射、撃墜後は高速で戦域を離脱という運用が想定されており、格闘戦での能力を追求した惨撃-21とは打って変わり、ミサイル万能理論に基づいて本機が設計されたことがよくわかる。

そのため、格闘戦能力では前任機に劣り、可変翼を採用しているため構造もやや複雑で、
整備性も前任機より悪化している。
とは言っても可変翼が前進状態ならそこそこ俊敏なため、さほど問題視されていない。
整備性の面でも前任機が異常なほどに構造が単純だったこともあり、可変翼機にしては整備は簡単なほうだと言われており、全体的には高性能機といっても問題ないだろう。


運用


通尊人民軍空軍の主力前線戦闘機として配備され、状態の悪い惨撃-21の置き換えに使われており、
戦時の際は、地上部隊上空の制空権確保と戦術爆撃任務だけでなく、
領土の防空にあたる高射ロケットの補佐的な役割も担うことが期待されている。

しかし、格闘戦能力を重視する軍歴の長い搭乗員には、前任機よりも格闘戦能力の低い本機は敬遠されているという。一方で、新米搭乗員からは操縦性が悪い前任機よりも使いやすく、自動操縦装置などの高性能電子機器を装備した本機の実力は高く評価されている。

出撃前の惨撃-23
戦闘訓練を行うため、惨撃-23に走る搭乗員を撮影した写真
駐機時は可変翼は後退状態か最後退状態であることが多い。



あとがき
遂に登場した人民軍空軍の新型機です!
モデルはもちろんMiG-23で、性能的にはPやMLAあたりかな?
ちなみにこの機体は弟の手直しが入っております()

惨撃-21(改SHI-10)

概要
惨撃(さんげき)-21はレゴシティ合衆国(USフロント)で使用されている、
改SHI-10多用途戦闘機を航空工業流体力学研究局がライセンス生産した前線戦闘機である。

性能

惨撃-21F

惨撃-21F(初期型)
分類・・・前線戦闘機
最高速度・・・2,175km
航続距離・・・1,225km
乗員・・・1名
武装・・・30mm機関砲(弾数60発)×1(固定武装)
     最大兵器搭載量1,500kgまで、ハードポイント4ヶ所
     IRH型AAM×4や無誘導爆弾など

惨撃-21SM
     
惨撃-21SM(後期型)
分類・・・前線戦闘機
最高速度・・・2,230km
航続距離・・・1,300km
乗員・・・1名
武装・・・25mm機関砲(弾数200発)×1(固定武装)
     最大兵器搭載量1,500kgまで、ハードポイント4ヶ所
     IRH型AAM、SALH型AGM×4や誘導爆弾など

※あくまでも通尊版の性能です 本家とは性能が異なるケースがあります※


開発経緯


当時の通尊人民軍は輸入物の作戦機を使用していたが、
その作戦機は大戦期に作られてたもので旧式化していた上に、
航空技術に乏しい通尊では代行機を開発することができなかった。

そこで、レゴシティ合衆国から改SHI-10多用途戦闘機のライセンス許可をとり、
独自の改造を施した上で生産した。これが惨撃-21である。


仕様


本家改SHI-10の設計を流用しているものの、前線戦闘機として使用するため、
翼形の変更やエアインテークの配置の変更、機体サイズの僅かな大型化といった改造を行い、
機関砲・エンジン・アビオニクスなどを国産品に取り替えたことで、本家とはまるで違う機体となっている。

前線戦闘機とは、前線の粗末な飛行場でも運用できる堅牢な構造や、
敵機と格闘戦を行い前線の制空権を確保するための高い機動性と
簡易な戦術爆撃能力も持ち合わせている戦闘機のことで、
前線で運用するため航続距離は短く電子機器も簡素なものとなっている。

機体の構造は驚くほどシンプルでエアインテークを機首に備え、デルタ翼と尾翼がついた構成となっている。
一部では筒に三角定規を数枚つけた、革命的デザインとも評されている。
また、胴体背部のふくらみは燃料タンクとなっている。このふくらみの形状はF型とSM型では異なっており、
SM型では、F型よりも燃料搭載量が増加している。それに伴って重量も増加しているが、
エンジンもより強力なものに換装しているため、飛行性能はほとんど変わらないといわれている。

惨撃-21FとSMの比較
惨撃-21F(左)と惨撃-21SM(右)の比較画像、
右側の機体のほうが全体的に太いデザインとなっていることがわかる。

武装は初期型である惨撃-21Fの場合、固定武装の30mm機関砲の他に、
第2世代型のIRH型AAMと無誘導爆弾などが搭載可能となっている。
しかし、搭載している30mm機関砲は弾数が少なく、弾道直進性が低いため使いにくいものとなっている。

後期型の惨撃-21SMの場合は、固定武装を空戦に適した25mm機関砲に換装しただけでなく、
電子機器を新型のものに換装したため、初期型で運用できる兵器に加え、
第3世代型のIRH型AAMとSALH型AGMが新たに搭載可能となった。
これにより、格闘戦でなら新型機とも互角に渡り合うことができるようになったと言われている。

惨撃-21SMに搭載可能な武装
惨撃-21SMに搭載できる主な兵器はこの画像の通りで、
内側からAB-250、AH-25、AR-13M、AR-73となっている。
その他にも様々な兵器が搭載可能である。

レーダーは超槍(ちょうそう)と呼ばれるものを搭載している。
超槍はいつも通り先進国から技術者を拉致し、その技術を使用して作られたレーダーだが、
惨撃-21の細いコーンに収納するために作られたため、性能は高くない。
スペックとしては最大探知距離は30㎞、ルックダウン能力やSARH型の中・長射程AAMの運用能力もないが、
猛訓練で鍛え上げられた搭乗員と双葉魂、思想的優越があればレーダーの性能をカバーできるため問題ないとされている。


特徴


高い機動性と超音速戦闘機としては他の追従を許さないほど構造が単純で、
整備が簡単なことが本機の特徴となっている。
その高い機動性は、他の戦闘機と比較してもトップクラスだと評されており、
練度の高い搭乗員が操縦すれば、格闘戦で敗北することはほぼありえないとされている。
しかし、操縦性が悪く、経験の少ない搭乗員ではその高い機動性を満足に発揮できないと言われている。
また、レーダーの性能が低く、SARH型の中・長射程AAMを搭載できないため、
最新鋭の戦闘機と戦闘し勝利することは難しいと推測されている。


運用


通尊人民軍空軍の主力前線戦闘機として大量配備され、F型、SM型共に現役である。
戦時の際は前線戦闘機として、前線の地上部隊支援、上空の制空権確保に使われると思われる。
しかし、先進国の新鋭戦闘機と渡り合うことは難しいと考えられており、本機置き換えのため、
可変翼前線戦闘機やより優れた機動性を持つ双発戦闘機の開発をしているという。

離陸準備を行う惨撃-21
飛行場で離陸準備を行う惨撃-21
他国の飛行場に比べると設備が簡素だが、惨撃-21なら問題なく離陸することができる。

編隊飛行を行う惨撃-21
低空を飛行する惨撃-21
戦闘時は写真のように、AR-13MかAR-73を4発装備する。



あとがき
以前、柴さんからもらった改SHI-10をライセンス生産してみました~
リニューアル後はよりMiG-21ぽくなったと思います
ライセンス許可をくださりありがとうございました!

震撃-25

震撃(しんげき)-25は惨撃-21を元に開発された近接航空支援用の攻撃機である。

震撃-25

性能
種別・・・攻撃機
最高速度・・・950km
航続距離・・・2200km
乗員・・・1名
武装・・・30mm機関砲(弾数300発)×1(固定武装)
空対地ミサイル、対戦車ミサイルを8機まで搭載可能
その他短射程空対空ミサイル、無誘導爆弾なども搭載可能
  
概要


人民軍空軍は惨撃-21を生産し、防空から対地攻撃まで様々な任務を任せていたが、
搭載量が少ない惨撃-21では敵の地上部隊に大きな損害を与えるのは難しく
また、地上攻撃用に設計されていないため防御力が低く
対空砲火などで撃墜されてしまう可能性もあった。
そこで近接航空支援用に航空工業流体力学研究局で開発されたのが
この震撃-25である。

仕様


ターボジェットエンジンを2基装備し、最高速度は950kmとそこまで高速ではないが、
このクラスの機体としては破格の4500kgもの積載量をもつ。
また操縦席と両エンジンの間にはチタン合金装甲が張りめぐらされており、
地対空ミサイルなどで片方のエンジンが被弾しても
もう片方のエンジンが影響を受けないつくりになっており
非常に高い生存性があるといわれている

武器システム


統合化された攻撃システムや照準用のカメラ、
レーザー指示測距器を装備しており、レーザー誘導式のミサイルの運用が可能となっている。
また、固定武装の「GA-30 30mm機関砲」は
戦車の上面装甲すら貫通するほどの高い威力をもつ

GA-30.jpg
機首に設置されているGA-30 発射速度は毎分1500発程度だという

震撃-25の兵装
高い積載量を生かして8つのパイロンに様々な武装が搭載できる

特徴


安価で頑丈かつ整備性が高く
低速域で抜群の運動性を発揮するため非常に使いやすい機体となっている。

戦車狩り
こちらは対戦車戦闘の訓練中の写真 AT-4車獄槍(しゃごくそう)を発射している

離陸
離陸する震撃-25と待機中の惨撃-21、震撃-25を収めた写真 
震撃-25の配備数は少ないが既にある程度の数が空軍に引き渡されたという


派生型


震撃-25SM
震撃-25SM

機首の形状を変更した最新型で、
拉致した技術者につくらせた高性能な照準システムなどを搭載するなど、
電子機器のアップデートが行われ、コクピットはグラスコクピット化された。
テレビ画像誘導ミサイルなどの高性能誘導兵器の運用も可能になり、
初期型の2倍の戦闘力を持つといわれている。
人民軍空軍の震撃-25はすべてこの規格に改修されたという



感想
Su-25風の近接支援用の攻撃機です
こいつが居れば周りの大国の機甲部隊も怖くないはず・・・笑
実はデクタニアに輸出しようかと考えていたりします笑
プロフィール

社畜杏

Author:社畜杏
長距離弾道ミサイルの発射実験を繰り返す某国に興味をもってしまったことから東側の沼に落ちてしまった人

なお、共産趣味者なのにニートアイドルが大好きなことには突っ込んではいけない

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。