85式125mm滑腔対戦車砲

概要
85式125mm滑腔対戦車砲はしずな火器が開発した対戦車砲である。

85式125mm滑腔対戦車砲

性能
口径 125mm
重量 6500kg
要員数 7名(推奨)
最大射程 12,000m (通常榴弾)
発射速度 7発/分


開発経緯


通尊人民軍88式152mm榴弾砲95式130mm加農砲などの野戦砲を装備した強力な砲兵部隊を保有していた。
人民軍砲兵の任務は間接照準による支援射撃・阻止射撃と、直接照準による対戦車攻撃などであるが、
装甲技術の進歩により従来の野戦砲での対戦車攻撃では戦車には有効な打撃を
与えられないのではないかという懸念があった。

それ以外にも、仮想敵国の強力な機甲部隊に対抗するためにATMや対戦車ロケット弾以外の
対戦車兵器が必要ではないかという意見も出てきた。

そこで直射による対戦車攻撃で最新鋭の戦車を無力化するために設計されたのが、
この85式125mm滑腔対戦車砲である。


仕様


85式125mm滑腔対戦車砲は対戦車砲らしい低いシルエットと長砲身が特徴である。

牽引砲3種の比較
88式や95式などの人民軍主力野戦砲と比較するとその低いシルエットがよくわかる。

また、高い貫通力を発揮するため125mmの滑腔砲を採用している。
これはしずな火器が総力を挙げて生み出した火砲であり、その性能は西側のものと比較しても遜色ないという。
その威力は専用のAPFSDSを用いれば2,000mの距離で600mm程度のRHAを貫通できると言われている。
それ以外にもレーザー・ビームライディング方式のATMを発射することも可能である。
もちろん牽引砲なので防御力全くなく、初弾で確実に敵戦車を葬るため高性能な光学照準器が装備されている。
照準器には赤外線暗視装置が装着されており夜間戦闘も可能である。

三脚式の砲架を採用しており、砲自体の方向を調整することなくの360度全周囲を射撃することが可能である。
その一方で仰角はほとんど取れないため、榴弾砲と加農砲のような長い射程はない。

三脚式の砲架や高性能光学照準器などの新機軸を満載しているが、
基本的には安価で壊れにくく整備しやすいという通尊製兵器の特徴を受け継いでおり、
通尊製兵器らしく手堅くまとまっている。

85式125mm滑腔対戦車砲の後ろ姿
これが85式125mm滑腔対戦車砲の後ろ姿である。
なお、弾薬は右からAPFSDS、ATM、AP、HEで、
この他にも対人榴弾、燃料気化弾、照明弾、科学弾などが発射可能である。


配備


85式125mm滑腔対戦車砲は砲兵旅団や対戦車砲大隊などに配備されており、
戦時の際はその高い貫通力を発揮して敵主力戦車を無力化することができると期待されている。

また、車砕矢ATMなどと組み合わせて
複合型対戦車陣地を構築することも想定されている。
射撃訓練中の滑腔対戦車砲
対戦車戦闘の訓練の際に撮影された写真
擬装した85式だけでなく後方には車砕矢などがみえる

輸送中の滑腔対戦車砲
もちろん必勝-90型などで運ぶこともできる。




あとがき
ずっと作りたかった牽引式の対戦車砲で、モデルはソ連の2A45やMT-12です。
西側では珍しくなった牽引式対戦車砲ですが、東側ではまだまだ現役です!
最後になりますがAPFSDSの生産許可をくださったRYOLさんありがとうございました!
スポンサーサイト
プロフィール

つまようじ

Author:つまようじ
長距離弾道ミサイルの発射実験を繰り返す某国に興味をもってしまったことから東側の沼に落ちてしまった人

なお、共産趣味者なのにニートアイドルや遊び人アイドルが大好きなことには突っ込んではいけない

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR