スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FF-15 黒馬号(AVBR-67 螳螂剣)

概要
FF-15 黒馬(くろうま)号はベクトルニア共和国製のAVBR-67 螳螂剣を
掛浪モータースがライセンス生産した装甲偵察警戒車である。
とは言っても通尊ではATMやSAMの発射機を搭載し対戦車車両・対空車両として使われている。

FF-15 黒馬号
左:防空型 右:対戦車型

性能
武装:車砕矢ATM×4またはHQ-931 巣獲守-1×4
最高速度:70㎞
重量:7.0t
乗員:3名
行動距離:760km
装甲:最大で14mm

※あくまでも通尊版の性能です 本家とは性能が異なるケースがあります※


開発経緯


狙撃兵(他国で言う歩兵)の自動車化に成功した通尊人民軍陸軍は、
機甲戦力に追従できる対空車両や対戦車車両の開発をすることにした。
そこで、ベクトルニア共和国製のAVBR-67 螳螂剣を輸入し、
砲塔の載せ換えなどの改造することで対空車両と対戦車車両を設計した。
こうして完成したのが、FF-15 黒馬号である。


仕様


黒馬号は4輪の装輪式装甲車だが、大型のタイヤを装備しているため高い不整地突破能力を有している。
また、ウォータージェット推進装置を装備しており、水上を11㎞で浮行することが可能である。
人民軍ではこの高い機動力が評価され、ロケット(他国で言うミサイルのこと)発射車両となったと言われている。

黒馬号 エンジン
これが黒馬号の装備しているガソリンエンジンで、140馬力というこのサイズの装甲車にしては十分な能力を持つ。エンジンは後方のハッチを開くことで簡単に整備することができるため、整備兵からも評価が高い。

乗員は上部のハッチか、側面のドアから車内に入ることができる
側面のドアは少しでも密閉性を高めるため小さなものが装備されているが、
現場からは脱出する際に手間取ることが指摘されている。

また駐屯地を訪問した労働党議員が側面のドアから黒馬号に乗車する際に
腰をうーどっかーん!(ぎっくり腰)したとの報告があるという。
そのため、一部の兵士は側面のドアを利用したがらないという噂がある。

黒馬号 側面ドア
側面のドアを撮影した写真である 非常に入り口が狭いのがわかる

武装は通尊人民軍陸軍の主力ATMと言われているAT-5 誘導式火矢筒 車砕矢の4連装発射機か、
本車に搭載するために新開発されたSAMのHQ-931 巣獲守-1の4連発射機である。

HQ-931 巣獲守-1は、最大射程6,500m、最大射高3,500mで
弾頭には2.6kg破砕型弾頭を装備した赤外線誘導式の高射ロケットである。
安価だが、性能的には微妙であることが特徴な残念兵器である。

装甲は最大で14mmと薄く、榴弾の破片や小銃弾を防げる程度であるが、
上層部曰く、高い機動力と双葉魂で砲弾を避ければいいとのことである。


特徴


高い機動力と拡張性に富んだ大型の車体が特徴である。
噂によれば本国と同じように偵察専用の車両を設計することも計画されているという。


運用


自動車化狙撃師旅団や戦車旅団に配備され、
有事の際は対戦車戦闘や対空戦闘に使用されるという。
演習風景を撮影した動画や写真では戦車や装甲車など平原を爆走する姿が多く、
人民軍陸軍の主役兵器の一つといっても過言ではないだろう。

対戦車型黒馬号 戦車攻撃訓練
対戦車攻撃訓練を行う黒馬号(対戦車型)、機動的な対戦車兵器は人民軍にとって至宝ともいえる存在だ

防空型黒馬号とHQ-75
こちらはHQ-75と共に対空戦闘訓練を行う黒馬号(防空型)
長射程で機動力に劣る高射ロケットと短射程だが機動力の高い高射ロケットの組み合わせは現代戦ではあたり前ともいえる




あとがき
ベクさんからもらったAVBR-67 螳螂剣を作ってみました~
砲塔を9K31風のものや9P148風のものに変えた以外は設計図通りに作ったはずです
ライセンス許可をくださりありがとうございました!
スポンサーサイト
プロフィール

社畜杏

Author:社畜杏
長距離弾道ミサイルの発射実験を繰り返す某国に興味をもってしまったことから東側の沼に落ちてしまった人

なお、共産趣味者なのにニートアイドルが大好きなことには突っ込んではいけない

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。