スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MT-63 破猿号(チェスナット主力戦車)

概要
MT-63 破猿(はえん)号はデクタニア国製のチェスナット主力戦車を
掛浪モータースがライセンス生産した第2.5世代主力戦車である。

MT-63 砕猿号

性能
主砲:92式42口径125mm低圧力滑腔砲
副武装※:65式班用機槍(7.62mm機関銃・同軸)
    :59式重機槍(14.5mm重機関銃・対空)
最高速度:70km/h(整地) 
    :40km/h(不整地)
重量:40t以下  
乗員:3名
行動距離:400km程度(通常時)
    :600㎞程度(外部燃料タンク搭載時) 
装甲:均質圧延鋼装甲(砲塔前半部・車体正面)
  :アルミニウム合金装甲(車体など)

※副武装に関しては通尊で使用されている歩兵用装備を参照

※あくまでも通尊版の性能です 本家とは性能が異なるケースがあります※

開発経緯


通尊人民軍MT-65 野獣号MT-72 赤獅子号といった主力戦車を多数配備していた。
どちらの戦車も他国の戦車に比べるとやや小型かつ軽量で安価ではあったが、
軍上層部はどちらの戦車も北部の山岳地帯やインフラの整っていない地域での作戦には適さないと判断した。
そこで、小型かつ機動力の高い主力戦車として友好国であるデクタニア国から
チェスナット主力戦車を小改造の上ライセンス生産することとした。
こうして完成したのがMT-63 破猿号である。

仕様


破猿号の設計は基本的にはチェスナットとほとんど変わらず、
人民軍で使用することを想定して装備の一部を人民軍戦車と同一のものに変更しているだけである。


主砲は本家チェスナットの装備していたマズルブレーキ式の44口径の120mm低圧力滑腔砲ではなく、
新開発の92式42口径125mm低圧力滑腔砲を装備している。
92式は本家チェスナットの装備していた主砲と同じくマズルブレーキ付きであり、
反動を抑え込む為に低圧力砲となっている。このためAPFSDSを使用しても大した攻撃力を持たず、
対戦車戦闘においてはもっぱらHEAT-FSが使用される。

92式は他の通尊戦車に主砲と同じ口径である125mmとなっており、
弾薬は共通のものが使用でき、砲発射式のATMの運用も可能となっている。
ちなみに対戦車戦闘の主力となるHEAT-FSはその性質上、
主砲の口径が大きくなるほど威力を増すため、本家より少しだけ威力が大きいという。

砕猿号 砲塔
主砲を含む砲塔を撮影した写真
砲塔の装備品が本家チェスナットと変化していることがわかる。


副武装としては野獣号や赤獅子号と同じく主砲同軸に65式班用機槍を、
対空用として59式重機槍を装備している。両装備は人民軍の戦車の標準的副武装となっているため
特筆すべき点は特にない。


装甲は均質圧延鋼装甲が砲塔の前半部と車体正面に用いられており、
その他の部分はアルミニウム合金装甲が用いられている。
はっきり言って防御力は低く、開発元であるデクタニア国でもそれは認められている。
ちなみに通尊軍では高機動性を重視したため、特に防御力向上のための改修を行ってはいない。


防御力が低い一方で、機動力は非常に高いという。
比較的小型で軽量な車体のおかげで整地では最高速度70㎞で駆け抜けることができ、
不整地でも40㎞で駆け抜けることができる。このように速度の面では赤獅子号と同じであるが、
車体が小型なため、総合的な機動力では赤獅子号よりも上であるという。
最近では高い機動力に活かし、マインプラウを装備して部隊の先鋒を務めることが多いという。

砕猿号 マインプラウ
マインプラウを撮影した写真がこちら
低圧力砲でも榴弾での攻撃力は通常の滑腔砲でも変わらないことや高い機動力が評価され
人民軍では簡易工兵車両として使われることが多い

その他の装備としては発煙弾発射機やレーザー警報装置の他、砲手サイト、レーザー測遠機、
パッシブ式赤外線暗視装置や赤獅子号のものとよく似た射撃管制装置などを搭載している。
本家チェスナットは同世代の戦車と比較して射撃精度が低いという弱点が指摘されており、
それを補うために破猿号ではそれなりに優れた射撃管制装置が備えられている。

砲塔後部にはチェスナット主力戦車のトレードマークと言っても過言ではない
アクティブ投光器と車長用サイトが融合したシステムを装備している。
本システムは可視光ライトと赤外線ライトを切り替え可能な優れたシステムとなっており、
人民軍でもそのシステムは高く評価されている。

その他にも野獣号や赤獅子号といった人民軍戦車に
必ず装備されていたシュノーケルや外付けの燃料タンク、軟弱地脱出用の丸太を備えている。
シュノーケルを装備しているため本家とは異なり限定的な潜水能力を持つといわれており、
様々な地形でその高い機動力を発揮することができるという。


特徴


生産コストが安価なことと高い機動力や第2.5世代主力戦車としては強力な主砲を備えていることが特徴である。
特にその高い機動力は人民軍でも重宝され、様々な地形に適合できることから将兵にも人気である。


配備状況


野獣号と赤獅子号を補佐すべく
戦車旅団や自動車化狙撃旅団に配備されている。
しかし、主砲の性能上真正面をきって敵戦車とぶつかることは難しいと判断され、
配備された破猿号の大半は地雷処理用のマインプラウを装備し、簡易工兵戦闘車として使われている。

APCの盾となる砕猿号
烈巣号の盾となるべくその手前で砲撃を行う破猿号
APCを守るのは戦車の重要な任務と言えるだろう 左後ろには探鼠号も見える 

進撃する砕猿号
他の戦車と共に前進する破猿号
防御力は低いが簡易工兵車両として部隊の先鋒を務めることは多い




あとがき
やられ役?として有名なデクタニア国のチェスナットをライセンス生産してみました!
丸い砲塔と小さい車体がかわいくて気に入っていますw
ライセンス生産を許可してくれたポポさんありがとうございました!

スポンサーサイト
プロフィール

社畜杏

Author:社畜杏
長距離弾道ミサイルの発射実験を繰り返す某国に興味をもってしまったことから東側の沼に落ちてしまった人

なお、共産趣味者なのにニートアイドルが大好きなことには突っ込んではいけない

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。