スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震撃-25

震撃(しんげき)-25は惨撃-21を元に開発された近接航空支援用の攻撃機である。

震撃-25

性能
種別・・・攻撃機
最高速度・・・950km
航続距離・・・2200km
乗員・・・1名
武装・・・30mm機関砲(弾数300発)×1(固定武装)
空対地ミサイル、対戦車ミサイルを8機まで搭載可能
その他短射程空対空ミサイル、無誘導爆弾なども搭載可能
  
概要


人民軍空軍は惨撃-21を生産し、防空から対地攻撃まで様々な任務を任せていたが、
搭載量が少ない惨撃-21では敵の地上部隊に大きな損害を与えるのは難しく
また、地上攻撃用に設計されていないため防御力が低く
対空砲火などで撃墜されてしまう可能性もあった。
そこで近接航空支援用に航空工業流体力学研究局で開発されたのが
この震撃-25である。

仕様


ターボジェットエンジンを2基装備し、最高速度は950kmとそこまで高速ではないが、
このクラスの機体としては破格の4500kgもの積載量をもつ。
また操縦席と両エンジンの間にはチタン合金装甲が張りめぐらされており、
地対空ミサイルなどで片方のエンジンが被弾しても
もう片方のエンジンが影響を受けないつくりになっており
非常に高い生存性があるといわれている

武器システム


統合化された攻撃システムや照準用のカメラ、
レーザー指示測距器を装備しており、レーザー誘導式のミサイルの運用が可能となっている。
また、固定武装の「GA-30 30mm機関砲」は
戦車の上面装甲すら貫通するほどの高い威力をもつ

GA-30.jpg
機首に設置されているGA-30 発射速度は毎分1500発程度だという

震撃-25の兵装
高い積載量を生かして8つのパイロンに様々な武装が搭載できる

特徴


安価で頑丈かつ整備性が高く
低速域で抜群の運動性を発揮するため非常に使いやすい機体となっている。

戦車狩り
こちらは対戦車戦闘の訓練中の写真 AT-4車獄槍(しゃごくそう)を発射している

離陸
離陸する震撃-25と待機中の惨撃-21、震撃-25を収めた写真 
震撃-25の配備数は少ないが既にある程度の数が空軍に引き渡されたという


派生型


震撃-25SM
震撃-25SM

機首の形状を変更した最新型で、
拉致した技術者につくらせた高性能な照準システムなどを搭載するなど、
電子機器のアップデートが行われ、コクピットはグラスコクピット化された。
テレビ画像誘導ミサイルなどの高性能誘導兵器の運用も可能になり、
初期型の2倍の戦闘力を持つといわれている。
人民軍空軍の震撃-25はすべてこの規格に改修されたという



感想
Su-25風の近接支援用の攻撃機です
こいつが居れば周りの大国の機甲部隊も怖くないはず・・・笑
実はデクタニアに輸出しようかと考えていたりします笑
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 以前USLC基柴さんから設計図を輸入し、ライセンス生産したSHI-10の技術をしっかりフィードバックして作られたと言う事がよく分かる作品ですね! それでいてデザインは参考になさったSu-25らしさがしっかりと出ていますね。さらに大きなペイロードや見た所コストもそう高くない(実際に量産出来ている事も素晴らしいです!)ようですし、ULN内でも中々の良作攻撃機なのではないでしょうか!

Re: No title

ポポさんコメントありがとうございます!
なんとなくSu-25らしさがだせたうえ、パーツ数的はそちらのウォーカイトMK.1と
ほぼ同じぐらいに抑えられたので自分的には結構成功した機体だと思っておりますw
ULN内でも良作の攻撃機なんてこいつにはもったいない言葉ですw

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

社畜杏

Author:社畜杏
長距離弾道ミサイルの発射実験を繰り返す某国に興味をもってしまったことから東側の沼に落ちてしまった人

なお、共産趣味者なのにニートアイドルが大好きなことには突っ込んではいけない

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。