AA-100 99式100mm高射砲

概要
AA-100 99式100mm高射砲はしずな火器が開発した高射砲である。

AA-100 99式100mm高射砲

性能
口径 100mm
重量 9,550㎏
要員数 10名(推奨)
対空最大射程 12,000m
対地最大射程 19,000m
発射速度 12発/分


開発経緯


1940年頃の中紊帝国では高速、高性能化する航空機を撃墜するために
新たな高射砲を必要としていた。
そこで中紊軍は静中銃器製造(現在のしずな火器)の新型高射砲の開発の依頼し、
1940年に完成したのこのAA-100 99式100mm高射砲である。


仕様


AA-100は4つの車輪が付いた十字型の簡素な砲架に搭載されており、
他国の高射砲よりも素早く戦闘態勢に取ることが可能である。
また、長砲身により高初速を実現し、優れた低伸弾道性能を有しているほか、
高射砲としては珍しく大型のマズルブレーキを装備しているのが特徴である。

対空射撃時には近接信管を装備した対空用榴弾が用いられ、
初期型では射撃指揮装置などと組み合わせることで射撃していたが、
1956年頃から1970年代後半まで生産された後期生産型では、
射撃統制コンピュータシステムや、光学射撃方位盤、警戒用レーダーなどと連携することで、さらに正確な射撃が可能となり、戦闘力が大幅に向上したという。

近年ではさらに戦闘能力を向上させるために新型の射撃統制システムと組み合わせ、
データリンク機能を取り入れるなどの近代化改修を行うことが計画されている。

500m先のRHAを185mm、1000m先でRHAを168mm貫徹できるAPCBCを使用できることから、対戦車戦闘にも用いられることも多く、枢軸軍との戦闘では対戦車戦闘でその威力を発揮したという。


実戦


中紊帝国で製造された99式は枢軸軍の侵攻の際に使用され、
対戦車戦闘や対空戦闘に使用したという。

鹵獲されるAA-100 99式100mm高射砲
設置されたAA-100を射撃体勢に変更する最中の通尊人民軍の兵士たち


通尊人民軍で使用されたAA-100は高貫通力が注目され、
"猛獣"とも呼ばれた枢軸軍の重戦車や重駆逐戦車を多数撃破することに成功したという。このことから猛獣殺手(重戦車キラー)とも呼ばれた。


配備


1943年から1955年頃まで生産された初期生産型は全て退役してしまったが、
1956年頃から1970年代後半まで通尊にて生産された後期生産型は現在でも人民軍空軍などに多数配備されており、HQ-75などの長射程SAMのなどの周辺防護用として低高度~中高度の防空任務に使われているという。

AA-100 99式100mm高射砲 陣地1
陣地を後ろから撮影した写真
弾薬が重たそうである

AA-100 99式100mm高射砲 陣地2
こちらはHQ-75の防護任務につくAA-100
最少射程が長いHQ-75にとって高射砲の護衛は欠かせない




あとがき
大砲スキーなので作ってしまった高射砲です
モデルは赤軍の52-K 85mm高射砲で88などに比べるとシンプルな外見が気に入っています
ちなみに殺手と書いてキラーと読ませるのは中国からきています
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

つまようじ

Author:つまようじ
長距離弾道ミサイルの発射実験を繰り返す某国に興味をもってしまったことから東側の沼に落ちてしまった人

なお、共産趣味者なのにニートアイドルや遊び人アイドルが大好きなことには突っ込んではいけない

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR