必勝-66型小型軍用車

概要
必勝-66型小型軍用車は掛浪モータースが開発した4×4輪駆動の小型軍用車両である

必勝-66型 小型軍用車

性能
形式:4x4, 軍用車両
最高速度:100㎞(舗装路・高速道路)
乗員:6名
燃費:15L/100km


開発経緯


あらゆる兵器の国産化を推し進める通尊は現用の小型軍用車である必勝-41型や必勝-60型(XS501)に
かわる新型の小型軍用車の開発を掛浪モータースに依頼した。
こうしてこれらの車両を置き換えるために登場したのがこの必勝-66型小型軍用車である。


仕様


必勝-66型は外国では"ジープ"と呼ばれる形態の車両であり、兵士たちからは通尊ジープとも呼ばれている。
コンパクトな車体に65馬力のエンジンを搭載しており、見た目以上にパワフルな走りをすることができ、
四輪駆動という構造を採用しているため悪路にもそれなりに強いという。
積載量もなかなかのものであり必勝-90型ほどではないがいろいろなものを運ぶことができる。

また、必勝-41型や必勝-60型の技術を使って作られているだけあって、
初の国産小型軍用車にしてはかなりの上物に仕上がったという。

その他にもドアや前面の風防などは必勝-90型と同じ構造を採用しており、
生産性を高める工夫が随所にみられる


特徴


高い走破性と耐久性を持ち合わせた優秀な車両である。
もちろん通尊兵器らしく安価で整備性もよく完成度は非常に高い。


運用


人民軍陸軍で使用されているほか、人民軍空軍や人民軍戦略ロケット軍でも使用されている。
主な用途は、指揮官や参謀、兵士の足代わりになることや軽砲の牽引、偵察任務であり、
通尊軍の名脇役として今日も活躍している。

将軍様を輸送する必勝-66型
銀・星蓮総書記の移動手段に使われる必勝-66型
将軍も必勝-66型の性能を高く評価したという

偵察に使われる必勝-66型
偵察任務に使われる必勝-66型
通尊人民軍の偵察部隊は世界一自己主張の激しい偵察部隊として有名である

RM-140などの輸送に使われる必勝-66型
RM-140の輸送に使われる必勝-66型
牽引車両として軽砲兵部隊には欠かせないという


輸出


安価かつ高い走破性が評価されたのか、
ベクトルニア共和国の旧反政府勢力が使用していたとの情報がある。




あとがき
小型の軍用車がほしかったので作ってみました
モデルはソ連ジープと呼ばれたGAZ-67です
可愛らしい?お顔がお気に入りだったりします
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

つまようじ

Author:つまようじ
長距離弾道ミサイルの発射実験を繰り返す某国に興味をもってしまったことから東側の沼に落ちてしまった人

なお、共産趣味者なのにニートアイドルや遊び人アイドルが大好きなことには突っ込んではいけない

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR