FF-21 狗獴号(ミーアドッグ)

概要
FF-21 狗獴(けんも)号は、掛波モータースが開発した多用途装甲車両である。
愛称(蔑称)はミーアドッグであり、将兵たちでなく公式の書類などでもこの名前が使われることのほうが多い。
本記事でも基本的にはミーアドッグと表記する。

ミーアドッグ装甲車

性能
武装:RWS(14.5mm機関砲+車砕矢ATM)
最高速度:120㎞
重量:3t
乗員:4名(基本) 6名(最大)
行動距離:650km
装甲:軽装甲(装甲厚不明)


開発経緯


様々な任務に適合する汎用車として通尊人民軍全体に幅広く配備された必勝-66型であったが、
非装甲、オープントップという仕様では現代戦に対応することは困難だと思われた。
そこで、通尊人民軍は必勝-66型を置き換えるべく新型の軍用汎用車両を開発することとした。
要求された性能は、必勝-66型並の機動性の確保や密閉式構造を採用、
そして必勝-66型より大型で拡張性に優れたデザインとすることであった。
設計を担当した掛浪モータースの技術者は紆余曲折を経てどうにか要求性能を満たす車両の設計を完了させた。
こうして完成したのがFF-21 狗獴号である。


仕様


ミーアドッグは4輪駆動構造を採用した大型の多用途装甲車である。
名前からして想像はつくが、その設計はISIMこと独立国家統合機構軍が保有する
ミーアキャット高機動車を模倣したものである。
この手の車両の開発を掛浪モータースが行うのは初めてということもあり、
開発の際は鹵獲したミーアキャットのリバースエンジニアリングを行い、
不足技術は第3国に設立したダミー会社を通じて技術を輸入するといった
アウトロー国家らしい方法で設計されている。

とは言っても足回りの構造や細かな部分は他の人民軍装甲車と共通するものに差し替えられている。
先進国の車両をデッドコピーした割に、どことなく貧相な雰囲気が漂うのはこのせいである。

機動力に関してはミーアキャット並とまではいかないものの、
非常に高い機動性を発揮することができ、悪路にも強いという。
エンジンは掛浪モータース製のエンジンを搭載している。
このエンジンは出力こそミーアキャットに搭載しているものと遜色ないが、
ミーアキャットのものより多くの排熱が発生するためフロントグリルが大型化している。

ミーアドック エンジングリル
ミーアドッグを前面から撮影した写真
ミーアキャットに比べるとデザインが貧相であることがよくわかる。
また、本家との相違点である大型のフロントグリルが目立つ。


武装はもはやお馴染みとなった自国開発のRWSを装備している。
これは龍家号探鼠号に装備されているものと同じものである。
ミーアドッグに装備されているRWSは14.5mm機関銃と車砕矢ATMを装備していることはもちろん、
発煙弾発射機まで備え付けられた完全版であり、
前任の必勝-66型とは別次元の火力を発揮することができる。

装甲に関してもソフトスキン車両であった必勝-66型とは変わり、軽装甲ながらも装甲が施されている。
これにより銃弾や榴弾の破片から乗員を保護することが可能となっているが、
もちろん戦車砲などの強力な攻撃には耐えることができない。
だが、黒香山革命強兵の操縦技術をもってすれば攻撃の回避は容易とされ問題とされていない。

車体サイズも必勝-66型と比較するとかなり巨大化している。
これにより、必勝-66型よりも多くの物資、人員を一度に輸送することができるようになったほか、
派生車両の開発が容易という利点があり、実際に装甲指揮車両が開発されている。(詳細は後述)


特徴


特徴は高い機動性と拡張性に富んだ大型の車体である。
また、デッドコピー品ではあるものの通尊製兵器らしく生産性・整備性を高める工夫も随所に施されており、
ミーアキャット同様に完成度の高い車両となっている。
その一方で調達コストは必勝-66型よりも高いという弱点を持つ。


派生型


派生型として装甲指揮車型(正式名称:FF-21B 装甲指揮車型狗獴号)があげられる。
これは後ろ半分を全て指揮・通信室に設計変更したもので部隊の指揮を行うべく開発された。
既に自動車化狙撃旅団や戦車旅団に配備され部隊の移動指揮所として任務に従事しているという。

ミーアドッグ装甲指揮車

装甲指揮車型を撮影した写真。旅団の頭脳とも言われる装甲指揮車型は
扉の数が通常型よりも減少していることやアンテナが増設されているのが特徴である。


配備状況


必勝-66型の後継として陸軍、空軍、戦略ロケット軍に対して配備が進んでいる。
だが、必勝-66型の数が多いのとミーアドック自体の価格がやや高いこともあってか
必勝-66型を全て置き換えるのにはかなり時間がかかると思われている。

赤獅子号と共に進撃するミーアドッグ
戦車と共に進撃するミーアドッグ
多少の装甲が施されているため必勝-66型よりも前線での使用に適している。

戦線後方に展開するミーアドック装甲指揮車
戦線後方に展開するミーアドッグ装甲指揮車を撮影した写真
基本的には、防空システムと共に展開し、空の脅威に備えることが多い。




あとがき
ミーアキャットの公式コピーことミーアドッグさんです。
コピー兵器らしい外見がかなり気に入っています。
ミーアドッグの設計をしてくれたkimronさんありがとうございました!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

つまようじ

Author:つまようじ
長距離弾道ミサイルの発射実験を繰り返す某国に興味をもってしまったことから東側の沼に落ちてしまった人

なお、共産趣味者なのにニートアイドルや遊び人アイドルが大好きなことには突っ込んではいけない

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR