第7独立航空突撃大隊

第7独立航空突撃大隊


第7独立航空突撃大隊通尊人民軍が有する降下猟兵部隊である。


独立航空突撃大隊

・基本データ
創設:1960年4月18日
所属政体:通尊民主主義人民共和国
所属組織:通尊人民軍
部隊編成単位:大隊
軍種:降下猟兵
上級単位:通尊人民軍陸軍司令部
部隊の標語:永遠の忠誠


概要


第7独立航空突撃大隊は通尊人民軍陸軍が有するヘリボーン部隊の1つである。
この部隊に限ったことではないが、独立航空突撃大隊はただのヘリボーン部隊ではなく、
様々な任務に適応可能な特殊部隊としてみなされており、国外、国内共に精鋭部隊として認知されている。
また、党軍としての側面を持つ通尊人民軍の中でも政治的に安心できる人材が多数を占めていることから、
通尊労働党から直接的に任務を受けることも多い。

任務


独立航空突撃大隊は様々な特殊作戦や潜入任務、コマンド活動に従事することが想定されている。
また、戦時における第7独立航空突撃大隊の最大の任務は敵主力の後方に展開し、
退路を遮断することで包囲殲滅を狙うものである。
任務の詳細については下記の通り、

・対立国における重要人物の誘拐、もしくは殺害
・対立国の重要施設への潜入、もしくは破壊
・対立国の有する大量破壊兵器の破壊、もしくは奪取
・縦深攻撃時の敵主力への浸透、敵主力の退路遮断
・戦時における敵軍の指揮機能の麻痺、もしくは破壊


編成


※ここでの内容はLEGOで実際に作って編制する上での編制であり、現実のものとは規模や単位が大きく異なります

独立航空突撃大隊は2個航空突撃小隊から編成される。
1個航空突撃小隊は8名から構成され、
小隊につき1機の汎昇-9型(レスティオ共和国製の汎用ヘリ)が配備されている。

人選についても通常の通尊人民軍陸軍部隊とは大きく異なる。
一般的な通尊人民軍部隊では兵員の5~7割強が徴集兵だが、
独立航空突撃大隊はほぼ全ての兵士が志願兵で構成されている。
また、当部隊に配属が決まった兵士は配属前に山奥で
3か月に及ぶ政治教育合宿を受けると言われている。
これは通常の部隊で行われる政治教育よりも更に内容が濃いものとなっており、もはやただの洗脳である。

もちろん、他国の空挺部隊のように訓練内容も過酷で厳しいもので、
訓練時間も通常部隊よりも多いと言われている。
過酷な訓練と洗脳を組み合わせて育て上げられた独立航空突撃大隊の兵士は通尊人民軍の至宝とも評されており、
陸軍司令部だけでなく労働党からも信頼が厚く、特殊任務を労働党から直接受けることも多い。

独立航空突撃大隊  訓練中
独立航空突撃大隊の訓練の様子
彼らの訓練のほとんどは実弾を用いて行うことが多い

銀将軍と独立航空突撃大隊
銀将軍から表彰を受ける独立航空突撃大隊の隊員たち
第7独立航空突撃大隊は様々な功績を残しており、
多数の通尊民主主義人民共和国英雄が誕生している。


装備


独立航空突撃大隊の兵士は、通常の陸軍部隊とは異なる黒一色の戦闘服を着用し、
特別仕様のヘルメットを被り、首には深紅のバンダナを巻いている。
この戦闘服は西側先進国の特殊部隊の戦闘服を模倣したものとされ、機能性はかなり高い。

独立航空突撃大隊 一般兵士との比較
独立航空突撃大隊(左)の兵士と一般の陸軍兵士(右)の比較
装備がかなり違うのが一目でわかる。

一方で小火器などは通常の部隊と同一の物を装備している。
だが、主力として使用している銃器は65式自動歩槍ではなく、73式衝鋒槍である。
これは野戦での決戦を重視する通常部隊とは異なり、敵の重要施設への潜入といった閉所での
戦闘を考慮してこちらが選択されたとされている。

ヘリボーン用の母機としては汎昇-9型を装備している。
この汎昇-9型は降下地点を確実に制圧するため、
スタブウィングに多連装ロケット弾ポッドが4機搭載されているのが特徴である。




この記事は加筆・修正することがあります
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

つまようじ

Author:つまようじ
長距離弾道ミサイルの発射実験を繰り返す某国に興味をもってしまったことから東側の沼に落ちてしまった人

なお、共産趣味者なのにニートアイドルや遊び人アイドルが大好きなことには突っ込んではいけない

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR